スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年間の研修お疲れ様でした。

  • 2012/03/27(火) 19:13:05

先日、3月23日に初期研修医の研修修了証交付式が行われました。

2年間の当院での研修プログラムを修了された8名の研修医に院長より修了証が手渡されました。

次のステージへ進まれる先生方、お体に気を付けて頑張ってください!!


当院で過ごされた2年間に学び、思い、感じたことをお話ししてもらいました。


【Y先生】
2年間の臨床研修は本当にあっという間で、楽しく、実り多い毎日でした。
指導医の先生方は言うに如かず、コメディカルや職員の方々には本当にお世話になりました。
診療科や職種の垣根を越えて、何かを相談できる、指導してもらえるというのは、この病院のとてもいいところだと思います。
また地域の方々の温かい支えがあったからこそ、充実した2年間を過ごすことができたと思います。
この病院で学んだことを糧にこれからも頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。


【N先生】
大学時代から親しんでいたこともあり、会津若松に住んでみたいと思い、竹田病院での研修を選択しました。
会津の方々は、みなさん親切であたたかく、患者さんはじめ病院スタッフの方々に支えられ、育ててもらった2年間だったなぁと感じています。
医師としての最初の2年間を竹田病院で過ごせたことは、私にとって大きな財産になったと思います。
みなさん本当にありがとうございました。


【A先生】
医師としてこの地、会津で働きだしてから早二年が経ちました。
私は会津(湯川村)で生まれ育ち、大学は福島市という大都会で過ごしたものの、やはりこの土地が好きで卒業後に戻ってきました。
この2年間では学生時代にカマキリとりで遊んだ時代とはまた違っていて、医学の知識に加えこの土地に住む人々の困難やニーズ、そして温かさを更に深く感じることができました。
今後しばらくは、大学病院で修行を積みたいと思っています。
また、この大好きな故郷、友人たちと過ごす日を楽しみに、日々精進を重ねてまいります!


【F先生】
「会津の三泣き」2年前会津に来たときは残雪や方言に戸惑い一泣き、雪解けと共に会津人の温かさ優しさに二泣き、だがまだ別れの三泣きするには時期早し。
この素晴らしき会津の地にて、春からも引き続き竹田綜合病院にてお世話になりたいと思っております。
私の新たなる挑戦の初春ともなり、一層の感慨に浸っております。
うつくしま、ふくしまにて美しき医療を目指して邁進していきたいと思います。
これまで2年間御指導御鞭撻して頂きましたことを心より厚く御礼申し上げます。


【S先生】
私にとって竹田病院での研修の2年間は本当に有意義で、あっという間でした。
研修中は楽しいことも辛いこともありましたが、沢山の方々に支えていただいてここまでやってこられました。
短期間でいろいろな科をまわるので、ご迷惑をかけることも多かったと思いますが、その分いろいろな患者さん、先生方、スタッフの方々に出会って学ばせて頂くことは多かったです。
ここで経験したことを忘れずにこれからもがんばっていきたいと思います。
2年間ありがとうございました。


【KK先生】
2年間を振り返って一番印象に残っていることというと、やはりこの寒さ!
もともと福岡で20年間を過ごし、大学も山口であった私にとって、この会津の寒さにはかなりびっくりさせられました。
会津生活1日目に外に干した洗濯物が全て凍ってしまったことも、今となっては良い思い出です。
4月からは広島で働かせて頂きます。
こちらで学んだことを活かし、精一杯やっていければと思います。
皆さま、2年間どうもありがとうございました。


【KJ先生】
会津の三泣き、という言葉がある。
受け入れられ難くて泣き、受け入れられて泣き、離れ難くて泣く、と。
「会津の人は頑固だからなし・・・」というCMを見る度に胸がざわつき、細い目を見開いて生唾を飲み込んだ―
あれから2年。
予想は裏切られ、2つの涙を流すことはなかった。
鰊をほおばりながら、いつしか会津の暮らしとその人柄に居心地の良さをおぼえていた。
これからもずっと、初めて医療にふれた、私の鮮やかな記憶の背景には、いつも会津がある。
3つめの涙をこらえられられるか、自信がない。


【S先生】
竹田綜合病院で初期研修をさせて頂き、あっという間に2年が経とうとしています。
ここでの研修を振り返ってみると、バタバタと過ぎていく毎日の中で非常に多くの学ぶべきことがありました。
これまで経験できたこと、学べた事は熱心に指導してくれた上級の先生やスタッフの皆さん、そして未熟な私たちを頼りにして下さった患者さんたちがあればこそだと思います。
ここで学んだ事を次に活かしより頼り甲斐のある医師になれればと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。